--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/06/01

イスラエルへの抗議デモ

日本でも報道されてますが・・・、

「イスラエル軍、ガザ支援船団急襲」

イスラエル軍は31日早朝、パレスチナ自治区ガザ地区への封鎖を突破し、支援物資を届けようとした親パレスチナの国際支援団体の船団を急襲し、イスラエルのテレビ局によると、イスラエル兵が船を制圧する際に船上で衝突となり、船団側の活動家19人が死亡、36人が負傷した。

詳しいニュースはこちら

トルコでは、もっと大きく取り上げられております。
と、いうのも亡くなった活動家の殆どがトルコ人なんです。

元々、トルコはイスラム国家にもかかわらず政教分離してるので、イスラエルと軍事協定を結ぶなど、中東では数少ない友好国なんですが、Erdoğan(エルドアン)首相は超保守派のイスラム教徒。

2009年1月のダボス会議では、ガザ侵攻の正当性を25分の長きに渡って主張したイスラエルの大統領に対し、「人殺しをしているのはイスラエルだ」と激しく糾弾し、「(ダボス会議には)二度と来ない」と言い残し立ち去った事もあるほど。

今回はトルコ人を殺されたことで、首相だけでなく国民も大激怒してます。

で、Taksim(タクスィム)や、イスラエル総領事館のある4. Levent(4. レヴェント)では数千人規模のデモが行われたりしてます。

erp1006010851001-p1_convert_20100601184111.jpg

4. Levent(4. レヴェント)には日本総領事館もあるので、旅行者の方は巻き込まれない様にくれぐれもお気を付けください。

ココからは総領事館からのお知らせです。


総領事館からのお知らせ
(イスラエル領事館外での穏健デモ)

31日当地報道によりますと、当地イスラエル領事館の外(Buyukdere通り、当館斜め前)で31日、イスラエルの戦艦がパレスチナ寄りの活動家とガザへの援助物資を乗せた船6隻を攻撃し、少なくとも2人が死亡したと報道を受けて、抗議参加者数十人が投石をして警察に妨害された後、パレスチナ旗を掲げて、より穏健なデモを行ったとのことです。

同デモは同日午後にはタクシム広場に場所を移して行われるとの情報もあり、また、今後もデモが行われることも予想されますので、上記場所に可能な限り近づかないようお願い致します。

スポンサーサイト
2010/04/06

2010年の祝日

トルコの祝祭日のお知らせ~。
今さら感アリアリですが、観光&新年度(これはトルコ関係ないけど・・・)シーズン突入って事で

基本の祝日

1月1日 Yılbaş Bayramı(ユルバシュ バイラム)新年
4月23日 Ulusal Egemenlik ve Çocuk Bayramı(ウルサル エゲメンリッキ ヴェ チョジュック バイラム)国民主権(独立記念日)と子供の日
5月1日 Emek ve Dayanışma Günü(エメック ヴェ ダヤヌシュマ ギュニュ)勤労感謝の日
5月19日 Atatürk'ü Anma, Gençlik ve Supor Bayramı(アタテュルク アンマ ゲンチリッキ ヴェ スポル バイラム)アタテュルク記念日、青年とスポーツの日
8月30日 Zafer Bayramı(ザフェル バイラム)勝利の記念日
10月29日 Cumhuriyet Bayramı(ジュムフーリイェット バイラム)共和国記念日 <前日の午後も祝日になります>

イスラムの祝日
イスラム暦(1年が354日)なので、毎年変動します。

9月9、10、11日 Ramazan Bayramı(ラマザン バイラム)ラマザン明けの祝日Şeker Bayramı(シェケル バイラム)砂糖祭

11月16、17、18、19日 Kurban Bayramı(クルバン バイラム)犠牲祭

日曜が絡むと日曜も祝日になったり、前日の午後とか多少変わったりするんですが、発表されるのがいつも2、3日前だったりするので、旅行者の方は最新の情報を確認してくださいね。
私、旅行業界に勤めてるわけでも、観光省とも何の関係もございませんので、その辺ご理解をお願いします。
2010/03/17

総領事館からのお知らせ

本日(3月17日)イスタンブールの総領事館からメールが届きました。

(当館管轄地域における邦人の犯罪被害例)

1.性犯罪の届出

●事例(1):女性の邦人旅行者が、イスタンブール市内スルタンハフメット地区に所在する特定の絨毯屋において、強姦被害に遭ったとの訴えを警察に届け出た事案がありました(当地3紙でも報道)。昨年から同店関係者による、店内監禁、威嚇行為などにより強引に絨毯を購入させられた、あるいは性的暴行を受けたという苦情が、相次いで寄せられています。手口は、同地区付近を1人で歩いている、特に女性旅行客を狙って、悪質な絨毯屋関係者が日本語で声を掛け、多数の日本人の名刺を見せたうえ、さも親切そうに観光地を案内したり、食事をごちそうする等して警戒心を解かせた上、「近くに良い絨毯屋がある(トルコで数少ない絨毯鑑定士がいる)から見るだけでもいいから行こう。」などと、言葉巧みに誘い込んだうえ上述のような行為に及ぶといったもののようです。

対策(1):観光地で、日本語等で親しげに話しかけてくる外国人がいても、絶対に気を許さず、相手の下心や自分が犯罪行為や危険に巻き込まれる可能性を考え、きっぱりとした態度で無視しましょう。話しかけられても無視して歩き去る、それでも付きまとわれる場合は、近くの人や商店、レストラン等に助けを求めるなど、きっぱりと拒否する態度を示すことが大事です。

●事例(2):夕刻、女性の邦人短期旅行者が、イスタンブール市内旧市街ギュルハネ公園沿いの城壁近辺(トルコ国鉄高架下)で強盗強姦被害に遭いました。この旅行者は、エジプシャン・バザール付近のバス停で腰掛けていたところを外国人男性に話しかけられ、ちょうど滞在中のホテルへの戻り方がわからなかったので場所を聞いたところ案内してくれるとのことでついていったとのことです。

対策(2):観光地で、日本語等で親しげに話しかけてくる外国人がいても、絶対に気許さず、相手の下心や自分が犯罪行為や危険に巻き込まれる可能性を考え、きっぱりとした態度で無視しましょう。話しかけられても無視して歩き去る、それでも付きまとわれる場合は、近くの人や商店、レストラン等に助けを求めるなど、きっぱり拒否する態度を示すことが大事です。


2.拉致未遂事件の発生

●事例:真昼、在留邦人が、イスタンブール市内ルメイリヒサール界隈を散歩中、車を運転するトルコ人に声をかけられ、車内に引きずり込まれそうになった事案が発生しました。同女性は、白のバンを運転するトルコ人に追い抜きざまに声を掛けられ無視しましたが、男は再度バンをバックさせて近づき、執拗に声を掛けた挙げ句、犯行に及ぼうとしました。幸い、たまたま車輌が通りかかったため、男は逃げたとのことです。

対策:人通りの少ない場所を散歩しない、やむを得ない場合は、単独行動を避け、目立たない服装で外出されることを心掛けて下さい。


3.キャッシュカードのスリ

●事例:1月1日、男性の邦人旅行者がスルタンアフメト地区所在のATMでクレジットカードを盗まれ、限度額一杯まで引き下ろされた事案が発生しました。同旅行者は、クレジットカードによるキャッシングをしようとした際、背後に人の気配を感じたので振り返ったところ2名の男がおり、怪しい人でもなさそうなので自分がATMの操作がわからないので教えてくれるのだろうと思い、そのまま操作を続けたところ、暗証番号を入れても画面が進まず、結局カードも戻って来なかった。30分後、カード会社に連絡したところ、既に限度額一杯まで数回に亘って引き下ろされていたとのことです。

対策:被害者によれば、恐らく背後に居た男が自分に話しかけているうちに、カードをATMから抜き取り、自分が入力する暗証番号をしっかり覚え、近くのATMで急いでキャッシングしたのであろうとのことでした。ATM利用の際には、前後左右に不審者がいないか確認したうえで行うよう心掛けて下さい。


4.タクシー料金の不法請求

●事例:12月下旬、在留邦人が高額のタクシー料金を請求される事案が発生しました。同邦人は、メーターが初乗り料金であることを確認したのにも拘わらずメーター料金が高額になりつつあることに不思議に思い、注意してメーターを見ていたところメーターのあがる度合いがいつもより大きいことに気がついたとのことです。

対策:親切で良心的なタクシー運転手もおりますが、メーター機器に細工を施す、メーター料金以上に請求する、道が混んでいるという理由や一方通行と言う理由で回り道をする、等といった悪質な運転手も散見されます。確実におかしいことに気がついた際には人気のあるところ駐車させ、警察に行きましょうと運転手に冷静に求めて下さい。


5.旅券盗難

●事例:3月3日及び同4日、ツアーに参加中の邦人旅行者が、トプカプ宮殿を見学中、知らぬ間にバッグが開けられ、財布、旅券等が盗まれました。

●対策:トプカプ宮殿、ブルーモスクなど観光地での旅券盗難が後を絶ちません。特に混んでいる際の見学には所持品に十分気をつけるようにお願いします。



くれぐれもご注意ください。
2009/10/26

新型インフルエンザ その後・・・

もっと早くにお知らせしたかったんですが・・・

世界的に大流行の新型インフルエンザですが、先日、トルコで初の死者が出ました。
アンカラの29歳のトルコ人男性で、肺炎と診断されて治療中だったようです。

Sağlık Bakanlığı(トルコ保健省)の発表では24日20:00の時点で、感染者は958人と、増加の一方です。

アンカラはもちろん、トルコに来られる方、手洗いなど十分気を付けてください。

日本では、ワクチンが足らないとかで、問題になってたようですが、どうなったんでしょう
私のお友達の子供が新型インフルエンザに感染したようで、幸いにも軽かったので、大事には至らなかったと聞いて、安心はしたんですが・・・。

早く、全人口分のワクチンを確保して、世界的に終焉となってもらいたいです。

トルコ保健省のH.Pこちらです。
2009/10/22

総領事館からのお知らせ

本日(10月22日)イスタンブールの総領事館からメールが届きました。


総領事館からのお知らせ

(注意喚起:スルタンハフメット地区での絨毯購入)


1.邦人短期旅行者より、スルタンハフメット地区に所在する絨毯屋において、半監禁状態で絨毯購入を強要されたり、同店関係者による強姦被害を受けたとの相談が相次いでいます。

2.同店関係者は、日本語に堪能で、呼び込みする者と店で対応する者とに役割分担し、本邦百貨店と取引がある、当国で数少ない絨毯鑑定士(資格が実在するか不明)などと言って巧みに日本人旅行者に近寄ってくるとのことです。

3.相談を受けた事案は、全て本邦に帰国された後に今も辛い記憶が蘇るとして連絡があったもので、加害者を訴えるにしても当事者が当地にいない現状では非常に困難な状況となっております。

4.つきましては、同地区で観光等なさる場合には、充分ご注意頂けますようお願い致します。




トルコを訪れる皆さんには、

『トルコ良かったよ~』
『またトルコに来たいわぁ』

と、思ってほしくて掲載しました。
ステキな思い出が作れるように、くれぐれも注意してください。

Profile

heavyhead

Author:heavyhead
『こじゃんとイスタンブールライフ』にようこそ!
高知で生まれ、東京→大阪と暮らした後、2008年より始まったイスタンブールライフでしたが、現在日本に帰国中。

Turkey Information


2012.04.25
Yaz saati(サマータイム)が始まり、日本との時差が-6時間になりました

Calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Turkey is here

Please play with me!

Select a language

powered by 3ET

Search form

Since I started a blog

Welcome to my blog

Application form with Blog friend

この人とブロともになる

QR Code

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。