--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/03

イスタンブール観光~カーリエ博物館

今までのトルコ旅行でイスタンブールの有名な名所処の観光は終わってるし、住んでるとなかなか観光には行かなくなるんですが、機会があってKariye Müesi(カーリエ ミュゼスィ)カーリエ博物館に行って来ました

場所はEdirnekapı(エディルネカプ)にあるので、Eminönü(エミニョニュ)のバスターミナルから37Eのバスに乗って行きました。
日本の様に、『次は○○~』といったバス亭のアナウンスも表示もないので、バスの車掌さん、もしくは代金徴収係さんに、『エディルネカプ』と伝えておくと、降りる駅で教えてくれます。

DSCF0594_convert_20100403165528.jpg

カーリエ博物館は正教会の修道院の付属聖堂であり、本来の名称はコーラ修道院付属ソーテール(救世主)聖堂である。この建物を擁したコーラ修道院の起原は古く、設立は6世紀から7世紀と考えられる。
(by Wiki)
「○○の歩き方」では5世紀に建てられたとあるんですが・・・、どっちが正しいんでしょう

ココもAyasofya Müesi(アヤソフィア ミュゼスィ)アヤソフィア博物館同様、オスマン帝国時代にはイスラム教のモスクとして使われてたんですが、トルコ共和国になってから博物館として保存されてます。

天井や壁画には、小片を寄せあわせ埋め込んで、絵(図像)や模様を表す装飾美術の手法のモザイク画、礼拝堂にはフレスコ画が描かれており、小さいながらも歴史を感じる博物館です。

フレスコ画の回廊  DSCF0598+(2)_convert_20100403170607.jpg

DSCF0600_convert_20100403170821.jpg  フレスコ画の天井

       DSCF0596_convert_20100403165921.jpg

キリストと誰  DSCF0601_convert_20100403171055.jpg

   DSCF0602_convert_20100403172151.jpg

聖母子像  DSCF0603+(2)_convert_20100403171645.jpg

DSCF0604_convert_20100403171911.jpg  マリア永眠のモザイク

DSCF0605_convert_20100403172412.jpg  DSCF0606_convert_20100403172618.jpg
ちょっとした縁の模様もステキです

イースターでたくさんの欧米の方が訪れてましたが、キリスト教徒の方にとっては感慨深いものなんでしょう。
皆さん、熱心にガイドさんの話を聞いてました。

入場料は15TLと高めですが、ビザンツ美術に興味のある方は訪れてみてください
夜は治安が悪そうなんで、明るいうちに行く事をオススメ~
スポンサーサイト
2009/11/20

7年前の思い出~パムッカレ

前回の【7年前の思い出】の続き・・・

◆思い出写真特集◆第3段
Selçuk(セルチュク)を後にして、向かった先はPamukkale(パムッカレ)
世界遺産にも指定されていて、Traverten(トラヴェルテン)石灰棚と温泉温泉で有名な所です。

私達は宿泊の予定はなかったんですが、荷物を置く&着替えとかする為に短時間だけホテルを借りました。
で、水着を着てその上から服を着て出発
パムッカレ村側の入り口から登ることにしました。

すぐに目の前にはこんな光景が

my+picture+802_convert_20091120192921.jpg

注雪山ではありません

なんだかワクワク
胸が小躍りしますjumee☆SaturdayNightFeverL

他にも・・・ my+picture+803_convert_20091120195819.jpg

my+picture+805_convert_20091120195939.jpg
これぞ綿の城

注雪山ではありません
(えっ、もういいってすいません・・・)

my+picture+807_convert_20091120200037.jpg
向こう側は環境保全の為、立ち入り禁止です

浅めのプール(   my+picture+810_convert_20091120200232.jpg

ぬる~いお湯が溜まってる所が数か所あって、無理やり泳いでる陽気な西欧人もいました。

ここには同じ所に、Pamukkale Thermal(パムッカレ テルマル)パムッカレ温泉温泉があるんですが、ガイドブックによると・・・

古代遺跡が沈む温泉

これはぜひとも行かねば
遺跡好き魂に火が灯る~
と高い入場料を払って入りました。
(昔のことなんでいくらかは覚えてないんですが、めっちゃ高いなぁと思った記憶アリ)

実際、遺跡と言うより石柱がゴロゴロ・・・。
でも、他では味わえない温泉プールにプチ満足しました。
(あくまでもプチ...)

my+picture+808_convert_20091120200134.jpg
さて、私はドコでしょう

あと、ここにはHierapolis(ヒエラポリス)のペルガモン王朝の遺跡もあるんですが、時間がなかったのでササッと見ただけで、写真も撮ってなかったですがくり
ちょっと失敗・・・

遺跡を堪能してホテルに戻り、着替えを済ませてからDenizli(デニズリ)のOtogar(オトガル)バスターミナルへ行きました。

次は夜行バスでこの旅の最大の目玉目玉Kapadokya(カッパドキア)へと向かいました。
(続きはまた今度・・・いつ


ピン8おまけピン8
年々劣化が進むパムッカレですが、こんな綺麗な時もあったんですねぇうるうる

800px-Pamukkale_Hierapolis_Travertine_pools_convert_20091120210843.jpg
クリックするとちょっとだけ大きい画像が見れます

◆思い出写真特集◆第1段は【ひとりごと 7】のこちら】をご覧ください

【7年前の思い出】はこちら
2009/11/10

7年前の思い出

前回、7年前に初めてトルコトルコ旅行した時の写真を記事にしたんですけど、イスタンブール以外の写真もあるので、今回は◆思い出写真特集◆第2段

ジャイアンツジャイアンツ記念は外しときます・・・)

イスタンブールを後にして、向かった先はSelçuk(セルチュク)
エフェス遺跡観光の起点となる街です。

my+picture+789_convert_20091110195836.jpg

大劇場  my+picture+792_convert_20091110200017.jpg

セルシウス図書館  my+picture+793_convert_20091110200105.jpg

my+picture+796_convert_20091110200205.jpg
ハドリアヌス神殿の玄関の装飾

     my+picture+797+(2)_convert_20091110200722.jpg

my+picture+800_convert_20091110200538.jpg
ヴァリウスのローマ様式の浴場跡

広大な遺跡で、遺跡好きの私はウキウキ
個人旅行で行ったので、もちろんガイド無し。
予備知識もないまま、ガイドブックを頼りに遺跡を散策しましたが、自分の時間で回れるのが個人旅行の最大の魅力
解説は無いものの、大劇場にしゃがみ込んで、古代の様子を思い浮かべるのは感動もんです。

でも、遺跡の売春宿の広告の足跡がどうしても分からず、ツアーできてた日本人ガイドの方に教えて頂きました。

DSCF0145+(2)_convert_20091110210216.jpg

小さすぎて見過ごしてました・・・。
優しいガイドさん、ありがとうございました

古代ギリシア遺跡を後にして、次はPamukkale(パムッカレ)へと向かいました
(続きはまた今度・・・いつ
2009/10/16

イスタンブール観光~グランドバザール

屋根付き市場という意味を持つ、Kapalı Çarşı(カパル チャルシュ)グランドバザールは中東最大規模とも言われてるぐらい広くて、有名観光名所の1つです。

DSCF0115_convert_20091009184658.jpg
たくさんある入口の1つ

ツアーでは必ず()含まれてるらしいので、訪れた方も多いのではないでしょうか・・・
私も、お友達へのお土産を買う時の参考(←あくまでも参考)両替の為にたま~に行くことがあります。

DSCF0111_convert_20091009183535.jpg
中はこんな感じ

DSCF0112_convert_20091009183805.jpg
アーケードになってるので雨でも便利

中には5000軒くらいの貴金属、皮革製品、絨毯、衣類、土産物などなど、たくさんのお店があるので、1軒1軒周ってるととんでもない事になります。
と言っても、同じ品物を売るお店は、ある程度は固まってるので、買いたい物が決まってる方は楽なのかもしれません。

DSCF0114_convert_20091009184058.jpg
買ったことはおろか入ったことすらない貴金属のお店

そう言えば、少し(←だいぶ前に「世界!弾丸トラベラー」という番組のイスタンブールで買い物ざんまい編でグランドバザールでお買い物していたらしく、それを見たお友達が、

『私も行きた~い』
『ランプちょーカワイイ


って言ってました。
きっと、女子のハートをガッチリ掴んだ番組だったんでしょうね・・・
私も見たかったなぁ・・・

という事で、

DSCF0110_convert_20091009182605.jpg
ランプ屋さん

たくさんあると幻想的ですよね。

と、ここまで書いといてアレなんですが・・・
私はココでお買い物はしません
なぜなら、めっちゃ高いから(←いえ、決して商売の邪魔をするつもりはありません)

ツアーとか時間の無い方は、アレコレ1度に買えるから便利だし、殆どのお店では値札が付いてないので、お店の方とのやり取りとか・・・。
なので、もしお買い物する時は必ず頑張って値切ってください
で、自分が納得できる値段で買ってください。

海外でのお買い物って一期一会だと思います。(←ちょっと大袈裟・・・

いやいや、女子にとっては最重要問題

イスタンブールで納得のいくお買い物ができるといいですね
2009/10/06

イスタンブール観光~エジプシャンバザール

エジプシャンバザールはEminönü(エミニョニュ)にあるYeni Camii(イェニ ジャーミィ)の裏手にある市場で、Mısır Çarşısı(ムスル チャルシュス)といいます。

P1010013_convert_20091006192857.jpg

Kapalı Çarşı(カパル チャルシュ)グランドバザールと並ぶイスタンブールの2大市場で、観光名所の1つ、常に観光客で溢れています。

087_convert_20091006200001.jpg

香辛料を中心に売ってる店が多いので、別名「スパイスバザール」とも呼ばれています。
こちらはグランドバザールより小さくて迷わないのがイイです。

P1010024_convert_20091006194918.jpg
スパイスは100gから量り売りしてくれます

089_convert_20091006200510.jpg
吊るしてある物の中には干したナスやオクラなども・・・

私は、ムスルチャルシュスの裏手にある問屋街が好きで、たま~に行くんですが、台所用品のお店やタオル製品のお店、アクセサリーのお店などたくさんあるので、お買い物好きにはたまらない界隈です。

トルココーヒーの粉を販売してる有名なお店があって、コーヒーのイイ匂いが漂ってるんですが、残念ながらトルココーヒーが好きでない私は、1度も買ったことがありません。
でも、いつも並んでるんで、めっちゃ気にはなってるんですけどね・・・

イスタンブールに戻って来てから、まだ行ってないので、そろそろ行かないといけません(←なぜか強制)

そうそう、日曜日はお休みなんで、行かれる方は気を付けてくださいね~。

Profile

heavyhead

Author:heavyhead
『こじゃんとイスタンブールライフ』にようこそ!
高知で生まれ、東京→大阪と暮らした後、2008年より始まったイスタンブールライフでしたが、現在日本に帰国中。

Turkey Information


2012.04.25
Yaz saati(サマータイム)が始まり、日本との時差が-6時間になりました

Calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Turkey is here

Please play with me!

Select a language

powered by 3ET

Search form

Since I started a blog

Welcome to my blog

Application form with Blog friend

この人とブロともになる

QR Code

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。